読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人青少年自立援助センター/YSCグローバル・スクール/田中宝紀 (IKI TANAKA)

NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部統括コーディネーター/NPO法人多文化共生子ども・若者プラットフォーム理事長。 東京都福生市にて外国にルーツを持つ子どもと若者のための教育・自立就労支援を担当。7歳と3歳の2児を育てるフルタイムワーキングマザー。

【2016年度求人】外国にルーツを持つ子ども・若者支援者(日本語教師/学習支援/コーディネーター)募集!at 東京都福生市

支援現場スタッフは本当にすごいなーと素直に思う。

私たちの運営するYSCグローバル・スクール(東京都福生市 http://kodomo-nihongo.com )に携わる大人は、それぞれの専門性で役割を分担し、外国にルーツを持つ子ども・若者の支援をしています。

●多文化コーディネーター&アシスタント

日本語教師&アシスタント

●学習支援担当(数学担当、英語担当など、教科により人材が異なります)

の3種類のポジションがあって、多文化コーディネーターが子どもたちを取り巻く周辺や本人に働きかけ、安心して学べるような環境を整え、日本語教師が日本語の力を、学習支援担当が基礎学力の向上を支え、支援終了まで導いています。

そして、

●サポート・ボランティア

の方々が土曜日を中心に、集団授業で理解できなかったところや学校の宿題など、個別の学習支援を通じてさらに支えて下さっています。

私のように、企画や資金調達、広報などがメインの仕事の人間にとっては、逆立ちしてもできそうにないくらい、スタッフのみんなは丁寧に子どもたち1人1人と関わり続けています。

毎日勤務のあるスタッフであれば、年間200日以上を子どものために費やす日々。

こうした大人の姿勢を子どもたちはよく見ていて、そのスタッフが、自分ときちんと向き合ってくれていると感じる瞬間が訪れた後は、絶大な信頼を寄せてくれることも少なくありません。
時に複雑な事情の家庭の中でも安心できない子どももいる中で、このスクールで、スタッフたちと過ごす日々が、日本という外国で、唯一の「ほっとできる時間」にも。

「居場所」というのは、「場」だけではなく、そこにいる「人」の中にも見出せるのだなと思います。

f:id:ikitanaka:20160224112542j:plain

(日本語の先生、と生徒。子どもたちは大人を良く見ています)

 

そんな外国にルーツを持つ子どもたちにとっての、「心の居場所」となる新たな仲間を現在募集中です!

子どもが好き、自らも外国にルーツがある、海外留学経験がある、困難を抱える子どもの役に立ちたい!・・・そんな熱意のある方のご応募をお待ちしてます。ぜひ。

 

YSCグローバル・スクールとは・・・

2010年4月、東京都福生市に開設(旧称:多文化子ども・若者日本語教室)。

日本語を母語としない外国にルーツを持つ5才以上の子どもと若者の日本語教育、学習支援、進学支援等を行う専門支援事業で、現在までに400名以上、18カ国にルーツを持つ子どもたちをサポートしています。

 

<求人情報:転送・転載・シェア歓迎★>

多様性が豊かさとなる未来のために・・・外国にルーツを持つ子ども・若者支援者各職募集中!―

NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業
YSC グローバル・スクール 2016 年度 採用情報

 

NPO 法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部では、外国にルーツを持つ子どもと若者、学習 や居場所支援を必要とする子ども・若者に対し、有資格者による日本語教育、学習支援、社会・文化活動機会、 居場所の提供などを通して彼らの社会的自立を支援しています。 

外国にルーツを持つ子どもたちの中には、言葉や文化の壁だけでなく、家庭が経済的に困窮していたり、発達の課題を抱えたり・・・
日本語以外の困難を有する子どももおり、「学習支援」に留まることなく包括的にその成長をサポートしています。

こうした子ども達に寄り添いながら、彼ら自身の力を引き出すこと。
社会の中で居場所を見つけられずにいる子どもたちにとって、安心できる存在となること。
つまずきを軽減し楽しんで学習に取り組んだり、前向きに自立への一歩を踏み出せるよう に支えること。

そんな支援を目指して活動する仲間を募集しています。 外国にルーツを持つ子どもたちの多様性が、日本社会の豊かさにつながっていくよう、新しい未来を共に創りましょう。

 

★こんな方を求めています★
・外国にルーツを持つ子どもや若者、困難を有する子ども・若者の支援に高い関心を持つ方
・子どもや若者の多様なニーズやバックグラウンドを認め、柔軟に対応できる方
・初めてのことでも、まず挑戦してみようという気概がある/
・チームワークを重視し、より良い支援環境の実現のため自ら創意工夫できる/


【2016年度募集職種(有給、非常勤、いずれも若干名)】

1)多文化コーディネーター(未経験可)
  →学校、教育委員会、子ども家庭支援センター等との協力連携/教室内イベントの企画・運営等

2)日本語教師(有資格者、経験2年以上)
  →小学生~若者(主にハイティーン)に対する日本語教育担当(初級~中級程度)

3)日本語教師アシスタント(有資格者、未経験可)
  →日本語教師のサポート業務(グループ授業担当の場合も有)

4)学習支援担当(理科・数学担当/4年制大学生以上)
5)学習支援担当(英語・社会担当/4年制大学生以上)
  →集団/巡回個別による教科学習および教科日本語学習支援


【勤務先】NPO 法人青少年自立援助センター福生教室内 YSC グローバル・スクール
〒197-0022 東京都福生市本町 117-1 スプリングバレー福生 201
JR 青梅線福生駅下車徒歩 2 分

【待遇】時給制1,000円~2,400円(職種、経験等により異なる)/交通費全額支給

【期間】勤務開始時期は応相談 ~2017年3月末(契約更新の可能性有)

【応募方法】
1)まずはウェブサイト( http://kodomo-nihongo.com )より詳細情報をダウンロードし、確認。
2)必要書類を【メール添付】で送付
3)書類審査通過者は2次試験、面談・模擬授業を実施

 

━━◆ご注意事項◆━━
*応募書類は必ず【メール添付】で送付してください。
(郵送、持参は受け付けておりません)
*履歴書には必ず写真を添付してください。
*適任者が決まり次第応募を締め切ります。お早目にご応募ください。
*書類審査通過者にのみ応募書類送付後 5 営業日以内を目安に随時連絡の上、 2次試験を実施します。
*不採用理由当についてはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
*求人応募予定者の事前の見学はお断りしております。あらかじめご了承ください。

━━◆問い合わせ ご質問 ◆━━
NPO 法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部 担当:ピッチフォード/田中
MAIL info@kodomo-nihongo.com (@を半角に直して下さい)
*当事者や保護者等からの連絡を優先するため、原則として求人関係のお問い合わせ、ご質問はメールでお願いいたします。