読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人青少年自立援助センター/YSCグローバル・スクール/田中宝紀 (IKI TANAKA)

NPO法人青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部統括コーディネーター/NPO法人多文化共生子ども・若者プラットフォーム理事長。 東京都福生市にて外国にルーツを持つ子どもと若者のための教育・自立就労支援を担当。7歳と3歳の2児を育てるフルタイムワーキングマザー。

日本人の2倍!?外国にルーツを持つ子ども貧困率

<日本人の2倍!?外国にルーツを持つ子ども貧困率> 日本の子どもの6人に1人が貧困という事実は、今や多くの人々が知るところとなりました。「日本人の子どもが貧困に苦しんでいるときに、なぜ外国人を支援するのか。日本人の子どもの支援を優先すべきだろ…

ひとり親家庭率、フィリピン、タイルーツの子は日本人の2倍に。

前回のエントリー、 ikitanaka.hatenablog.com で、外国籍母子家庭の経済的状況の厳しさについて触れました。 ではそもそも、『外国籍ひとり親家庭にくらしている、外国にルーツを持つ子ども』はどのくらい日本に存在するのでしょうか? その答えもまた、国…

外国人失業率10%、外国籍母子家庭失業率はさらに高く・・・

<姿の「見えづらい」外国につながる子どもとその家庭> 世間には様々な統計調査があり、子育てや教育に関わる数値データもインターネット上で比較的容易にアクセスすることができるようになりました。 しかし、外国につながる子ども達の実態をその数多ある…

外国にルーツを持つ子どもに対する「学習支援”外”支援」

<異変・・・> その子どもたちは小学生のきょうだいで、両親は同国出身者同士。主に父親が建設現場で朝から遅くまで働き、母親は子どもたちの面倒を見ていましたが子どもたち自身は、不就学期間が長く続き、私たちの現場につながった際にも、不安定な状況で…

外国にルーツを持つ子どもの貧困(自分の為のメモ)

青少年自立援助センター定住外国人子弟支援事業部が運営する、多文化子ども・若者日本語教室にやってくる外国にルーツを持つ子どもたちは年間100名を超える。実際に所得調査をしてはいないので、現場における実感値でしかないが、教室に通う子どもたちの…